Loading

一生に一度のマイホームは計画的に建てよう


土地がない人はそこから始めよう

戸建の注文住宅を建てる場合には、すでに土地を所有している場合と、そうではない場合があります。土地のあるなしでコストは大きく変わってくるのです。土地所有者であるならば、上物だけのコストで済みます。しかし、所有していないのであれば、注文住宅を建てるのに最適な土地を探すことからスタートします。注文住宅では、建物の間取りや壁紙、外壁等を自分で全て決めることが出来るというメリットがあります。そのことに意識を奪われることもあるかもしれませんが、それと同様に土地探しも重要な作業になることを覚えておきましょう。不動産は立地が勝負といわれます。住みやすく快適な土地を探すことは、間取りを考えるくらい重要な事なのです。

土地の大きさや形、周辺環境も考慮しよう

土地を探す場合には、正方形や長方形の整形地が理想的です。土地の中にはいびつな形をした土地も見られます。このような土地でも建物は建てられますが、いびつな形の土地であると、間取りにも制限が出てきます。理想の間取りを実現したい場合には、できる限り整形地を選ぶほうがよいでしょう。その他にも、なるべくもよりの駅から近い場所を選ぶのがベストです。なおかつ駅から土地まで坂道などがないほうが理想的です。それ以外であれば、夜でも街頭が多く安全な街であれば安心して暮らすことが出来ます。さらにスーパーやコンビニなどのインフラも充実しており、図書館などの教育施設が近くにあれば最高な立地といえるのではないでしょうか。

ローコスト住宅とは、人件費や宣伝費その他のコストを出来るだけカットすることにより安さを実現させた住宅のことです。