Loading

注文住宅で玄関の収納性を高めるためにはどうする?

なぜ注文住宅では玄関の収納スペースが重要になるの?

注文住宅では玄関の設計も重要なポイントになります。玄関は単に家の出入りに使用する機能としてだけでなく、家全体のイメージを決める顔にもなるからです。そして玄関のデザインや間取りを検討するにあたっては、収納スペースの確保が大切です。靴をはじめ傘あるいはスポーツ用具など、家の外で使用する様々な物が玄関には集まります。そのままでは見栄えが悪いだけでなく、スペースを圧迫して使い勝手の悪い玄関になってしまいます。それどころか汚れやニオイによって、衛生的にも好ましくありません。お客様をお迎えするスペースとしても、ふさわしくないでしょう。このような玄関にならないためにも、注文住宅の設計段階では玄関の収納スペースを十分に考える必要があります。

具体的に玄関にはどんな収納スペースがあると便利?

玄関の収納スペースを検討する際のポイントとしては、動線を把握することが重要になります。日頃から家族が玄関を出入りするパターンをチェックし、使いやすさやデザインに優れた玄関が実現できるように、工夫することが求められます。そこでおすすめするのが、家族専用と来客用の動線を分け、家族側にシューズボックスやクローゼットを集約するアイデアです。このように使い分けることで、家族が帰宅すれば靴や傘あるいはベビーカーを仕舞ってスムーズにお部屋の中へ。その一方で、お客様には収納スペースが目に入らないため、スッキリした玄関に見せることが可能です。さらに絵画やオブジェといった飾りで演出すれば、インテリアも一層際立つことでしょう。

納得のいく愛知の注文住宅を建てるために、どのような業者を利用するかは大切なポイントです。料金だけで判断せずに、実績や評判を参考にしながら業者を選びましょう。