Loading

憧れのマイホームを手に入れる!注文住宅の選び方

担当する業者は慎重に選ぶ

自分たちが希望する注文住宅のスタイルによって、工務店かハウスメーカーを選びます。工務店は地域密着型の業者が多く、施工主の希望を聞いてオーダーメイドのような物件を建てることが出来ます。工務店は細かな注文を聞いてもらえることも多く、変更があってもスピーディーに対応してくれるのがメリットです。自分たちのオリジナルを詰め込みたい、細かいところまでこだわりたいときには工務店です。ハウスメーカーはチェーン店の場合が多いのでどのエリアでも店舗があり、住宅展示会などを実施しているので本物の注文住宅を見られます。標準的な仕様があらかじめ決められているので、細かいところまで決められない人にもぴったりです。

オプション工事にも注目する

注文住宅を選ぶときには、標準工事の他にオプション工事の内容を選択することがあります。標準工事は注文住宅を建てる上で欠かせない工事のことで、工務店やハウスメーカーか決めた標準的な設備や外装、内装になります。オプション工事は標準工事からグレードアップしたい場合につけるものです。設備をワンランクアップしたり、内装を変更したりします。設備の他に庭や外壁、駐車場や門扉などもオプション工事の範囲です。

注文住宅を購入する前にはどこまでが標準工事の範囲で、どこからオプション工事になるのかしっかり調べておきます。工務店やハウスメーカーによって範囲が違ってくるので、注意します。選んだオプションによって金額も変わってくるので、オプションを含めた見積もりを出してもらうようにしましょう。

東京の注文住宅はアフターフォローが充実しています。間取りの変更や改修プランなど長く住めるようサービスが工夫されているのです。