Loading

賃貸借契約を結ぶ際には仲介手数料の払いすぎに注意しよう


不動産屋へ支払う仲介手数料は賃料の半月分まで

不動産屋で宅地建物取引士から重要事項説明を受ける際に、仲介手数料が1ヶ月と何の特約説明も無くされてしまったら、ザンネンな宅地建物取引士に当たってしまったと諦めるか別の不動産屋を探しましょう。なぜなら、法律で定められた仲介手数料は貸主と借主双方から月額賃料の最大半月以内分ずつまでであって、特約を定めた場合のみ大家が払う仲介手数料を入居者が肩代わりしても良いことになっているからです。特約の説明と同意を求めずに1ヶ月分の仲介手数料を取る不動産屋は、アフターケアが心配です。

大家との直接契約では仲介手数料は発生しない

意外と見過ごされがちなこととして、貸主との直接契約を行う際には仲介手数料が発生しない点が挙げられます。なぜなら、貸主と借主が直接制約を行うので、そもそも仲介者が存在しないからです。サブリース契約では、不動産屋が転貸主となるので不動産屋は借主から仲介手数料を受け取ることが禁止されています。しかし、一部の不動産屋では仲介手数料を受け取っているケースがあるので、見つけ次第国土交通省へ通報することが望ましいです。

仲介手数料は交渉材料にもなる

仲介手数料については、不動産屋にとって貴重な収入源のはずですが、繁忙期を除いてどうしても契約が欲しい場合には仲介手数料を値引きしてくれるケースがあります。なぜなら、別途大家からは成約時に家賃1~3ヶ月分程度を広告費として受け取っているので、仲介手数料を半月分程度割引しても利益が出るからです。目先の家賃半月分よりも、広告料3ヶ月分出る部屋ならば、仲介手数料割引に応じてくれます。

中央区といっても広いです。おすすめはバスセンター付近でしょうか。中心部よりも家賃は落ち着き、またスーパーなど周辺環境も整っています。札幌市中央区の賃貸では、バスセンターのそばをチェックしてください。