Loading

間取りの重要ポイントはこんなに多い!間取り計画のポイントを紹介


間取り計画は住宅設計の重要項目

大手住宅メーカーや建築事務所に新築を依頼する場合、すべてを業者に任せるのは、あまりオススメできません。家族構成や生活スタイルを考慮し、できるだけ自分たちの要望を盛込みましょう。そんな新築計画で重要になるのが、間取り計画です。間取りは住宅の骨格といえます。間取りが決まらなければ、具体的な設計段階に進みません。つまり、この骨格部分をしっかり計画することで、のちのち発生する様々な問題にも影響を与えずに済みますよ。

シュミレーションすることが重要

間取り計画をしっかり考える方法として、シュミレーションの重要性が挙げられます。ただ憶測で考えるのではなく、実際に生活した時の問題点や生活方法をシュミレーションしながら計画しましょう。
まずは、部屋の構成とその数です。例えば、現在4人家族でも、将来は人数が変化する可能性もありますよね。子供が独立する可能性もありますし、子供が生まれて家族が増える場合もあります。このように、数年後ではなく、もっと先の未来まで見据えた計画を心がけることが重要です。

動線は絶対はずしてはいけないポイント

実際に部屋の広さや廊下の広さを決める際、動線を忘れずに考えましょう。動線とは、実際に移動するルートやその動作パターン、そして動作範囲を表します。この動線をしっかり計算することで、動きづらさなどの問題を事前に回避可能です。
今回紹介したように、これから新築を建てる場合は、間取り計画に十分な時間をかけましょう。家族構成や日々の生活を具体的にシュミレーションし、機能性を損なわない間取りにすることがポイントです。

間取りとは、建物の部屋の配置の事を意味します。2DK、3LDKなどのように主に数字とアルファベットで表記されています。