Loading

湿気に悩まされないマイホームを目指す!注文住宅の住宅設計の作り方


結露対策を意識して窓の作りにこだわる

室内の湿気が原因でカビが増えてしまい、臭いに悩まされた経験がある人がマイホームを建築する際には、湿気が溜まりにくい住宅設計を目指す事をおすすめします。注文住宅であれば湿気対策を意識した設計も自由に作る事ができて、窓を二重サッシにするだけでも室内の湿気を減らす事が可能です。窓の断熱性が不十分だと結露が発生してしまい、そこから室内全体に湿気が溜まる事もありえます。二重サッシや断熱塗料を活用しながら室内の断熱性を高める事が、結露対策になると考えて注文住宅の設計を決めてください。評判の良い注文住宅のメーカーなら、スタッフが窓ガラスの性能の違いまで含めて説明してくれます。結露が発生するたびに窓を拭けば問題ないと考えずに、結露自体が発生しない環境を作る事が重要です。

浴室の湿気を逃がす構造を考える

住宅内の湿気を放置していると木材などが腐食して、住宅の寿命が縮まってしまう可能性もあるので、湿気が発生しやすい浴室の設計をよく考える必要があります。浴室換気扇を取り付けるだけでも住宅内の湿気を減らす事はできるので、注文住宅のメーカーと話し合いながら住宅の設計を考えてください。湿気対策を重視しているメーカーであれば、浴室換気扇を取り付けるだけでなく、空気の流れを考えながら窓の配置を決めてくれます。具体的に空気の流れを計測する作業まで行ってもらえて、窓をわずかに開けているだけで湿気が逃げていく住宅であれば、木材の腐食にも悩まされずに済むと考えてください。

京都の注文住宅では、京都特有の風情あるデザインから京都ならではの伝統的家屋まで幅広く提案しています。